2017買い付け日記inバルト三国 その4(ビリニュス/リトアニア)

2017.07.14 Friday

0

    JUGEMテーマ:ヨーロッパ

    JUGEMテーマ:海外ホテル

    JUGEMテーマ:バルト三国

     

     

    ビリニュスでの滞在は、ほとんどの時間をカジューカス祭のあった旧市街とその周辺、そしてホテルで過ごしました。

    今回は、カジューカス祭以外のビリニュスの街の様子や風景などの写真をちょこっとご紹介します。

    この素敵な空間は、宿泊したホテルの朝食レストランです。とっても優雅に過ごせました。

     

     

    表紙をどちらにするか迷ったこの写真は、ビリニュス旧市街の”おとぎの国感”の雰囲気が出ているなーと感じる一枚です。

     

     

    おとぎの国っぽさもあり、中世っぽさもあり、そしてお天気が悪かったせいもあって、少し怖いような雰囲気もありました。

    治安は悪くないので、一人歩きが怖い訳ではないのですが、なんだか陰鬱な感じもしたのです。

    たぶん夏に行っていたら、もっと空が青くて人が多くて陽気なイメージだったと思うのですが、この暗い感じが却って好きでした。

     

     

    なので、先に書いたおとぎの国というのも、メルヘンなイメージではなくって、魔女が出てくるような、そんな感じです。

    夏の明るいヨーロッパしか知らなかったので、寒い時期に行ったのは良い体験が出来たと今では思っています。

     

     

    なんとなく感じる暗いイメージはお天気のせいだけでは無くて、こんな廃墟のような建物が多かったせいもあります。

    でも一見空き家に見えるこの建物は、奥に写っている木の扉から若いお兄さんが出て来て、中に住んでいるようでした。

    ここみたいに外側は廃墟に見えるのに、扉の向こうを覗いてみると案外きれいで奥に道が続いているところが多かったです。

    きっとビリニュスの街の特徴なんでしょうね。

     

     

    1階は空き家で廃墟のようでも、見上げてみると上の方に人が住んでいました。

    旧市街の外の古いエリアでは、最近アーティスト志望の若者が古いアパートをリノベーションして住んでいるのだとか。

    ここもカーテンが可愛いから、若いお洒落な女性が住んでいるのかも知れませんね。

    そんなことに想いを馳せると、この街の魅力をもっと知りたくなってきました。

     

     

    カジューカス祭の喧騒を離れて、人通りのない道を歩いていると、温かそうな窓辺が目に止りました。

     

     

    あら、もうすぐ春なのに(笑) でも日本みたいにクリスマスの翌朝には全部片付いてるのはもったいないのかも。

    ベトナムみたいに一年中出しておくのはどうかと思いますが・・・

     

     

    パンダさんが寝ていた窓辺。ここはお天気が良い日は猫さんがいるのかなーっと思います。

    ヨーロッパの家って、見られることを意識しているような窓辺が多いですよね。素敵でつい覗いてしまいます。

     

     

    こちらは旧市街のお店の窓。

     

     

    旧市街の中でも、メインの通りから1本入るとこんなに廃れています。ヨーロッパってなんでこんなに落書きがおおいのでしょ?

     

     

    中にはふふっってなっちゃう落書きもあるんですけどね。こんなのばっかりだと良いんですけどね。

     

     

    ビリニュスでの滞在はカジューカス祭と丸々同じ日程だったので、普段のビリニュスを見ることは出来なかった気がします。

    もちろんカジューカス祭が行われていた旧市街だけのことで、外に出れば普段通りだったのでしょう。

    旧市街とその近くを散策するので精いっぱいだったので、閉まっているお店が多くて残念でした。

    アンティークショップ、見てみたかったな。

     

     

    私にとってリトアニアといえば森のイメージ、なんですが、季節的に行くのは止めたので、近くの丘に登ってみました。

    旧市街のすぐ近くですが、木が多くて小さな山みたいでした。木と土の匂いがしました。

     

     

    あちこちにこんな数字の付いた巣箱がありました。夏にはこの丘で音楽祭があるみたいです。素敵ですね。

     

     

    丘の上から旧市街を見下ろしてみました。白いテントが見えるでしょうか?カジューカス祭のお店のテントです。

     

     

    大好きなスーパーマーケットにも行きましたよ。本当はもっと大型スーパーに行きたかったのですが、時間がありませんでした。

    市場にも行けなかったし、旧市街の外のもっとローカルっぽいところにも行けなかったし・・・

    普段のビリニュスをいつか見に来られたらいいなーっと思います。行きたいところや再訪したいところばっかりで、大変だー

     

     

    リトアニアの食事は少しロシアっぽくて、少しドイツっぽくて、少し北欧っぽくて、とっても美味しかったです♪

     

     

    こちらはホテルの朝食のミニクロワッサン。ホテルの無料の朝食でもとっても美味しいのです。

     

     

    サラダも手が込んでいて、とっても美味しかったです。他にはお魚のマリネが必ず並んでいました。

    ヨーロッパでは不足しがちな生野菜も毎朝たっぷりありました。

    ヴィリニュスのホテルは安くてきれいで朝食付きで、とっても良かったです。コスパはベトナムより上かもしれません。

     

     

    それにしても滞在中ほとんど雨で、リトアニア自体は好みでしたが、あまり色々見ようという気になれませんでした。

    少しくらい寒くてもいいから、晴れてる方いいですね。

     

     

    たぶん検索でこのブログに辿り着く方は、カジューカス祭で検索した方が多いと思います。

    もしカジューカス祭の3日間滞在する日数が無かったら、前日入りして初日に集中するのが良いと思います。

    午前中はまだ商品を並べているお店が多いので、お昼に着けるなら初日当日着でも大丈夫だと思います。

    広くて1日では足りないと思うので、初日のお昼からと2日目がベストです。お天気が心配な時期ですしね。

    ご参考になれば嬉しいです♪・・・調べている方は来年のカジューカス祭に行くんでしょうね。いいなー。

     

    にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする