紫陽花の中のちっちゃな花

2017.08.16 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:

     

     

    自然界には優れたデザインがいっぱいですよね。特に海の中と植物にそれを感じます。

    なんでこんなデザインで、こんな色の組み合わせなんだろう?って。

    タイトルからも分かって頂けると思うのですが、紫陽花の中にちっちゃな花が咲くのが、すごいデザインだなーっと思うのです。

    花に対して大きすぎるくらいのおしべも、飾りみたいで本当に可愛い。

     

     

    花の中だけじゃなくて、花と花の隙間に単独で咲いている小さな花も。調べてみると、こっちが本当の(?)花なんですって!

    大きな方は飾り花といって、ざっくり言ってしまうと生殖機能的には本当の花では無いそうです。

     

     

    額紫陽花の場合はどうなんでしょうね?

     

     

     

    真ん中の小さなツブツブ。

     

     

    これが段々と咲いていきますが、この全部が本当の花で、周りの大きいのだけが飾り花なんでしょうか?

     

     

    そして更に、額紫陽花の飾り花の中にもこのツブツブがある訳で・・・

     

     

    この飾り花の中の小さな花はいったい何者なんでしょ、この真ん中のと、独立して咲いてる小さな花は別物なんでしょうか?

    もちろん、調べれば学術的なことは分かるのですが、いったいなんでこんなデザインなんだろう、面白いなぁっと思うのです。

     

     

    こちらは派手な葉っぱの白い額紫陽花。

     

     

    もちろんこの子の飾り花の中にも小さな花が咲きました。

     

     

    そろそろ紫陽花の季節も終わりですが、まだ瑞々しい紫陽花がぽつんと咲いているのを見つけました。

     

     

    ”小さいお花”はまだ開きはじめ。あと10日くらいはきれいに咲いててくれるかな?

     

    にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする