運河沿いてくてく@アムステルダム(オランダ買い付け日記 その12)

2018.04.27 Friday

0

    JUGEMテーマ:オランダ

    JUGEMテーマ:ヨーロッパ

     

     

    蚤の市が終わった午後、アムステルダムの街を歩きます。

     

     

    月曜日の石畳には、昨日のパーティーの名残が。

     

     

    ここで紙吹雪を撒いたの、だあれ?

     

     

    道に迷った私を助けてくれた、お散歩中の男性。どうもありがとうございました☆

     

     

    運河の向こうの可愛いおうち。壁は黄色、白い窓枠に水色のアクセント、大きなドアは赤。

     

     

    ディック・ブルーナみたいな色遣いのカフェ。お洒落じゃないところが、いいのです。

     

     

    テーブルの上のガーベラもこの街に似合ってますね。

     

     

    アムステルダムは何度でも来たいのですが、ホテル代がとても高いのが悩みの種です。

    便利そうな場所にあるホテルの写真を撮って周って、後からネットで情報収集する作戦です。

     

     

    ホテルのロゴマークの模様になり切っている鳩さん。

     

     

    路地を曲がったところの、細い運河沿いにあった小さなホテル。うんうん、本当はこんなところに泊まりたいのです。

    ひっそりと上品に佇む小さなホテルも、ネットで調べるとお値段は立派。そうよね、アムステルダムだもんね・・・

     

     

    ホテル探しの途中で、素敵なアンティークショップに出会いました。

     

     

    このカッコイイ建物は何かな?博物館みたいですね。

     

     

    足元に視線を感じてふと見下ろすと、あらーーー!なんたるカワイコちゃん☆

     

     

    遊んで、遊んで、とアピールしてくるので、ガラス越しに遊んでみました。

    いなくなったと見せかけて・・・バーン!

     

     

    嬉しくて嬉しくて、変な動きになっちゃうね。

     

     

    誘拐したくなっちゃうから、そろそろ行くね。帰りかけると、この表情。ごめんよー。

     

     

    かわいこにゃんの居た窓の隣はバーなので、もう少ししたら遊んでくれる人がいっぱい来ますね。

     

     

    そろそろ夕暮れ時です。夕焼けは見れなかったけど、このしっとりと薄暗い空も風情があります。

     

     

    大きな植木鉢。いいなぁ。

     

     

    運河沿いのあちこちで、ディナーの準備が始まりました。私はそろそろホテルに戻りますか。

    アムステルダムの中心のホテルが高かったので、私は郊外に宿泊しているのです。暗くなる前に戻るとしましょう。

     

     

    ・・・っとその前に、一か所だけ行きたいところがあったのでした。

     

     

    あれー!もう閉まってる!Dille&Kamille(ディル&カミーユ)、オランダ発の雑貨屋さんです。

    買いたいものがあったのにな。閉まるのが早いのね、残念。

     

     

    夜の運河も素敵。いつか運河沿いのホテルに泊まって、部屋の窓から夜の運河を眺めたいものです。

     

    にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
    にほんブログ村


    にほんブログ村
    コメント
    コメントする