ウォータールー広場の蚤の市@アムステルダム(オランダ買い付け日記 その9)

2018.04.04 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:オランダ

    JUGEMテーマ:ヨーロッパ


     

    平日のアムステルダム、冬季閉鎖中の蚤の市が多い中、毎日オープンしているウォータールー広場の蚤の市へ出かけました。

     

     

    観光客向けであまり良いものが無いと聞いていたので、期待せずに見て周ります。

     

     

    古着率が高めですね。学生の頃は古着が大好きで、将来は古着屋さんになりたいと思っていた時期もありました。
    今はすっかり遠のいてしまいましたが、ヨーロッパの古着屋さんは可愛いところが多くて、やっぱりいいなぁ、と。
    でも今手を出すと違う方向に行ってしまいそうなので、とりあえず今回はスルーしておきます。

     

     

    食品も少しだけありました。カラフルなチーズは、可愛い缶に入れてお土産用にいいですね。

     

     

    お目当てのブロカントのストール。

     

     

    もっとガラクタばかりのイメージでしたが思っていたよりはちゃんと(?)していました。

     

     

    古本とDVDがずらっと。

     

     

    ここにもやっぱりバナナの箱。でもこう見るとバナナ率はそれほど高くありませんね(笑)

     

     

    ひとつくらい何か買いたいと思って、空き缶の山を掘り返してみましたが、気に入るものがありませんでした。
    底の方までひっくり返せば何かあったかもしれませんが、トンゲレンの蚤の市の後ではどうもやる気が出ません。
    手ぶらで帰ることになりましたが、一度は行ってみたかったのでヨシとします!次は掘り出し物があるかもしれませんしね。

     

    コメント
    コメントする